2018.04.10 Tuesday 12:42

春が来るたびに3

4月になると新学期、職場の部署替えなど

環境が新たになることが多いです。

皆様はお変わりありませんか?

 

人は馴染んでいたものから変わることに

ストレスを感じやすい生き物なので体調管理が大切な時期ですね。

 

(春先は黄色いお花が多いよね)

 

ちょっと前の続きです。

 

 

人目が気になるという人のお悩みは多いもの。

どうしてそうなっていったかはそれぞれですが。

 

セラピーを重ねるうちに

Bさんは

人の目に縛られている自分を解放したいと思いだします。

 

自分が苦しかったのは

常に父の眼が気になり

なにか言われないようにしようと努める緊張感と

周囲の期待にこたえなければという気持ちに

追い込まれていったからだと思いあたりました。

 

そして、両親の関係性。

母を救いたい思い。

 

彼が苦手なのはちょうど彼を指導するような立場の年上の人が多かった

というのも、父との関係を彷彿させます。

 

セラピーで発見があるたびに

どんどん外に出て活動の幅を広げていくようになった彼でしたが

やはり職場でそういう立場の人に出会うと辞めてしまうということが続きました。

 

そんなとき、久しぶりに絵をかいてもらったのです。

そこには彼の反骨精神?が宿っていました。

 

もともと、いろいろな考えが頭の中にあって安まらないタイプ。

緊張度は高い。

職場ではさらにその傾向は上がります。

 

彼は指導される時に

そんなに厳しい言い方しなくてもと

次に

こんなに怒られるなら来ないよもう!という思いでした。

 

仕事のやり方で叱られたときに

どう思うかを感じてもらったら

気を付けなくてはという思いより

厳しすぎるなという相手への反感のほうがどうしても勝ってしまうのでした。

その思いが相手にも何となく伝わることもあるのではないかと思います。

最初は上手く行っていた人間関係が立ち行かなくなることも出てきました。

 

彼は叱られることで自分のプライドが折られると

劣等感の塊のようになってしまい

しばらく動けないのでした。

上の立場の人や出来る人との間に見えない壁を感じ

それは、父と母の上下関係を思い出させました。

 

こんな感覚を持つ方は指導されるということ自体が苦手です。

職場の上司と上手く行かないという相談の中にもそれはありまして

この季節に多いお悩みかも知れません。

 

そんな時は「 出来事と感情を分けて考える 」ようになるといいのです。

それは次回に。

 

 

  • - | - | - |

<<new | 1 / 178pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.